ある時、食洗機のスイッチを入れるとブザー音がなるようになりました。

調べてみると10年点検をお知らせするもので、点検を依頼しないとブザー音は解除できないとのことで点検を依頼しました。




食洗機の10年点検とは


ビルトイン式電気食器洗機(ビルトイン食器洗い乾燥機)や、浴室用電気乾燥機(バス換気乾燥機)など、電気や、ガス、石油を使用する設置式の9品目については、お客様による保守が難しく、経年変化により火災や死亡事故など重大事故が発生するおそれがあり、特定保守製品として、製品を安全にお使いいただけるようにするため、機器を所有されている方に点検や保守に関する情報を提供すると共に、点検実施体制の整備を製造・輸入業者に求め、製品をご利用いただくお客様による点検その他の保守を適切に支援する制度で、消費生活用製品安全法の改正により設けられたとのことです。


リンナイのビルトイン食洗機(食器洗い乾燥機)の10年点検のお知らせ


スイッチをONにするとビー、ビー、ビーという音と各ランプが点滅します。


スイッチ以外のボタンを押すと音とランプの点滅が解除されて使用することができます。


リンナイのビルトイン食洗機(食器洗い乾燥機)の10年点検の流れ


  1. 食洗機に貼れている電話番号で電話します。
  2. 電話の受付担当の方と日にちを決めます。
  3. 作業の時間は当日の朝に担当者から連絡がきて、作業の開始の時間が決まります。(このあたりが面倒で、結局1日仕事を休む形になります。)
  4. 当日の朝に訪問予定の連絡がきます。(ここもざっくり9時から10時といった感じできます。)
  5. 点検項目は28項目で、1時間ぐらいで終了しました。


リンナイのビルトイン食洗機(食器洗い乾燥機)の10年点検の料金


出張料:2,500円


技術料:8,600円

諸経費:1,100円


消費税:1,220円

 

合計:13,420


なかなかな金額です。


リンナイのビルトイン食洗機(食器洗い乾燥機)の点検結果


点検項目としては問題なし!


ただし、、、担当者の方から蓋が錆びているのと、乾燥が弱くなっている可能性があるとのこと。


ちなみに、蓋がさびていると↓こんな感じになるようです。






食洗機のカゴの上のフチの部分が茶色くなっているのは気付いていたのですが、焦げがゴミが付着したのかと思っていました。。。


原因としては、食洗機を動かすと上から食洗機の蓋が下りてきて、蓋が閉まり、密閉される仕組みになっていて、食器の入れすぎなどで蓋が閉まりきらない場合があり、水が漏れてしまうとのこと。


(蓋が閉まっていないなら、動作しないようにして欲しいものです・・・。)


食洗機の蓋を交換することもできるけれど、2万円から3万円前後かかるとのことで、他の部品の修理とかが出てしまう可能性も考えると、買い替えを検討された方が良いとのことでした・・・。


ネットで調べたりすると6万円ぐらいからあるので、修理でその半分の金額を出すのであれば買い替えてしまった方が良いのと、水回りのものは衛生的にも部品交換をするよりは食洗機を丸ごと新しいものにすることをお勧めするとのことでした。


食洗機の買い替えの際は、食洗機の前面のパネルは食洗機とは別で用意する必要があり、キッチンの色と完全に合わせようとするとキッチンの会社から取り寄せる必要があり、高くなるのと古いものだともうないかもということでした。


※新しい食洗機ではボタンがある位置が今のものより省スペースかされていて、現在の前面のパネルではサイズが小さく足りないためそのままは使えないとのことでした。


今後


家族会議を開いて、新しいものに買い替える方向になりました。

これからどの食洗機にするか調べていきたいと思います。


その後

新しいものに交換しようか悩んでいたところ、壊れてしまいました。

その時の様子は↓こちらを見てください。


食洗機が壊れた!


その後、新しいものに交換を行いました。

交換の流れや、費用面についてまとめてみましたので、↓こちらを見てください。


リンナイのビルトイン食洗機交換!!


#食洗機 #食器洗い乾燥機 #リンナイ #ビルトイン食洗機 #リンナイのビルトイン食洗機