35歳過ぎてから転職活動を行った時に初めて知ったことや進め方の注意点をご紹介します!

初めてのことので色々と知らないことばかりでした。




まずは複数の転職エージェントに登録


まずはいくつかの転職エージェントに登録します。


大きめの会社の方が、多くの求人情報を見られるので、参考にできます。


複数の転職エージェントと面談を行って、自分にあってそうな所を選びます。


私の場合は、小さめのエージェントさんでしたが、話をしっかりと聞いてくれて、面談対策なども実施してくれてとても助かりました。


希望と違うところを進められてもしっかりと断る


転職エージェントさんは、転職した(入社した)人の年収の何%かを手数料としてもらうビジネスになっています。


このため、希望とは少し違っても年収の高い職種や会社を紹介され、おすすめされることがあります。


希望の会社と異なる場合は、しっかりと断ることも必要です。


転職エージェントさんにお願いするメリット


面接の日程調整を行ってくれたり、面接先へのアピール文などをだしてくれたり、複数社の内定を取れるようにスケジュール調整をしながら面接を調整してくれます。


複数社の内定を取得後、最後に給料の交渉を複数社と行い、年収を上げるように調整をしてくれます。


色々な会社の特徴を教えてくれるのでとても勉強になりました。


注意点


特に年収を気にする場合には、特に気をつけないといけないことがあります。


それは、転職時の年収の目安が、転職を行っている時の年収が最低ラインとしてその後の交渉が行われます。


できれば、年収の多い年度に転職を行う方が良いです!


会社によっては、年収の分かる書類の提出が必要となりますので、誤魔化せません。


当時困ったこと


現在は新型コロナの影響で、Web面接が通常になってきていますが、当時は、通常の面接でした。


仕事を続けた状態で転職活動をしていたので、面接の日程調整が難しかったです。


通常勤務は、ラフな格好でしたので、面接があるときだけ、ネクタイとジャケットを持参するなどしていました。


自分の会社の人にばれないように、面接先に少し早めに向かい、近くのトイレや公園などで軽い着替えをしていました。。。


審査が進んでいくと、前の面談での雑談の時に、近くで着替えていることを話してしまったら、優しい人事の方が気を使っていただき、少し早めに来て会社内の会議室で着替えて良いと言ったりしてくれることもありました。


事前に着替えられそうなところがあるかは、調べておいたほうが良いです。


その他良かったこと


色々な会社の現場の人と、中間職の方、最後は社長、取締役などと話すことができ、各社の状況や、業界についてとても勉強することができました。


この業界はかなり厳しいと素直に教えてくれる方もいたり、自分の転職の時の話を教えてくれたり、とても良い経験ができました。


自分の今の市場価値を見る意味だけだとしても、転職活動は定期的に実施することをおすすめします!